9月29日のおしゃべり

 今月9月も、残すところ明日一日となってしまった。
 暑い暑いと呟いていたのに、先週末の台風が過ぎ去ったら、一気に秋らしい気温になって、今日は曇りの一日。
 案内所の前に飾っている鉢植えのデュランタ」きれいに咲き続けている。

    

    

 今週は、日曜日に機種替えの新しいスマホが届いて、早速、今まで使っていたスマホからデータ移行をして、とりあえずは使えるように設定が出来たのだが、その後から日常的に使っているアプリの再設定とかが何点かあって、その度、時間を取られてしまった。
 更に、昨日はブログを書こうと思って写真データをパソコンに取り込もうとしたら、今まで使っていたスマホと同じ方法では出来ない。
 「どうしたんだろう???」と、あれこれ試したがダメ。
 パソコンで解決方法を検索しながらやってみたが上手くいかない。
 昨夜は諦めて、今朝、再挑戦。1時間ほどあれこれやって、やっと解決してほっと一安心。
 そんなことで、今日はしばらくぶりに「おしゃべり」を少々。

 

◇火曜日・27日の夜は「男達のZOOM研鑽交流会」
 このオンライン交流は、月一回、第4火曜日の夜7時半~9時の予定でやっている。
 今回参加したのは、全国各地から10名。

    

 前半は2名の人から特別報告。
 暫くぶりでメキシコ出張滞在を先月から今月半ばまでしていた東京のウケタさんが、マヤ文明遺跡で有名なユカタン半島の先住民・マヤ民族の女性が運営している農業学校の話。
 先住民達が昔飼っていた針のない蜜蜂の話や、美味しい地酒の話や、メキシコ社会の中でのマヤ民族の位置づけなど、興味ある話に質疑もあって予定の15分が30分ほどに。

    

 次に報告してくれたのが、ステンドグラス作家の滋賀のフジイさん。
 このオンラインの常連仲間でもあって、4年前の研鑽学校同期の唐津市のカトウさん宅に、今月、取り付け完了したステンドグラスの話。
 デザインから制作、取り付けの苦労話と、こちらも始めて聞く内容で報告時間を大幅にオーバー。

    

 
 後半に予定していた金沢のモリヤマさん提案の、今月の会の機関誌「けんさん」記事の「繋がりを生きる」についての感想と研鑽は、残り時間が少なくなったので来月に持ち越し。
 昨夜は、そんなオンライン交流会だった。

 

◇今月のNHK「100de名著」
 僕は毎回、NHKが月曜日の夜に放送している「100de名著」を楽しみに観ている。 今月は、アイヌ神謡集を書き残したアイヌ民族知里幸恵の話。

    

 4回連続放送されたのだが、アイヌの世界観、カムイと人間との関係性など興味ある内容だったので、途中からテキストを購入して読みながら視聴。

    

 アイヌ民族の一人として生まれ、幼いころから数々の差別や偏見を経験してきた知里幸恵(1903~1922)。
 「銀の滴降る降るまわりに 金の滴降る降るまわりに」という美しいフレーズで始まる「アイヌ神謡集」。アイヌ民族の間で謡い継がれてきた「カムイユカㇻ(神謡)」の中から13編を選び平易な日本語訳を付して編んだもの。
 才能を惜しまれながらわずか19歳で、東京の金田一京助宅で「アイヌ神謡集」を綴りながら、心臓病で世を去った知里幸恵。今年が没後100年だという。
 彼女が残した物語と、彼女がそれに心を込めた心情の解説する内容だった。
 前々から機会があれば訪れたいと思っていた2020年に白老町に設立された「国立アイヌ民族博物館・ウポポイ」に、ますます行ってみたくなった。

 

◇これから読もうと手にしている本
 昨年12月に亡くなった作家であり、元朝日新聞社東京本社編集局長の外岡秀俊が、東大法学部在学中に書いた石川啄木をテーマとした小説『北帰行』

    

 書店で目に止まったこの文庫。
 何となく、衝動的に読みたくなった。
 河出文庫の紹介には「“啄木は私にとって一人の詩人であるよりもまず、一つの事件だった”雪国を背景に啄木の人生と自己の青春とを、抒情的かつ重厚な文体で描く。繊細さと強靭さに満ち溢れた昭和51年度文藝賞受賞作!」とある。

秋の花を求めて散策する

 今朝、ロビーで新聞を読んでいたら「そろそろ彼岸花がきれいだろうね」と話題になった。
 「そうか~、彼岸花、曼殊沙華は、今が見どころ・・・」と思って・・・。
 今日は木曜日でファーム町田店がお休みで、朝の開店準備がなかったので、早速、健康維持を考えながら、秋の花々を求めて散策をする。 
 彼岸花がきれいなのは、薬師池公園だ」と、歩き出す。

   

◇ソバの花
 薬師池公園の手前の七国山の「ソバ畑」のソバの開花は八分咲きといったところ。

               

               

               

 

◇コスモス
 今日も山口百恵〝淡紅の秋桜が秋の日の・・・〟のメロディを思い浮かべながら・・・。

               

               

 

◇シロガネヨシ
 これは、ススキではない。この立派な穂先があるのは、きっと「シロガネヨシ」だ。

               

 

彼岸花
    薬師池公園に到着。我が家から歩いて45分。
 目的の彼岸花が咲いている古民家の裏に行く。
 咲いています・・、咲いてます・・。見事に咲いていた。

               

               

               

               

               

              

              

 

ゲンノショウコ(現の証拠)
 薬師池公園には「野草苑」がある。
 僕はいつも何か咲いているだろうかと足を止める。
 今日咲いていたのは「ゲンノショウコだ。

               

 このゲンノショウコは、昔から薬草だというのは知っていたが、和名で「現の証拠」と書くのだと始めて知った。
 どうして「現の証拠」という名が付いたのか、調べてみたら「古来より、下痢止めや胃腸病に効能がある薬草として有名で、和名の由来は、煎じて飲むとその効果がすぐ現れるところからきている」とあった。

めっきり秋らしくなった9月21日

 台風が過ぎ去った今朝は、めっきり秋の涼しさ。
 昨夜寝るときはタオルケットで十分だと思っていたが、明け方になったら寒さを感じて、薄手の上掛けを使ってしまったくらいだ。
 散歩をしていたら、ハギの花が見事に咲き誇っていた。

               

  そして、歩道の街路樹を見上げたら、樹によってはもう色づいていた。

               

 暑い、暑いと思って暮らしていたが、季節は流れているのを実感。

 

◇今日は「世界アルツハイマーデー」
 今朝、妻が「今晩は、玄関先に竹灯りを飾って、近所の人に見てもらおうかな・・」と言う。
 今日は「世界アルツハイマーデー」なのだそうだ。
 それで、妻達が運営しているデイサービスの玄関先に、認知症の人や、それを支援している人で作った「竹灯り」を飾るという。
 そんなことで、夜、食事を済ませて行ってみた。

               

               

               

               

               

               



 

高田郁著『ふるさと銀河線 軌道春秋』を読む

 時代小説作家で好きな高田郁さんが、時代小説にデビューする前に、こんな素敵な短編を書いていたとは驚きである。
 このふるさと銀河線 軌道春秋』は9編の短編集なのだが、そこに登場する人物の人生を丁寧になぞりながら、それぞれが抱える悩みや葛藤に、かならずその先には希望があることを心温かく描いている。

    

 この短編集の最後は、「幸福が遠すぎたら」のタイトルの作品なのだが、その最後を寺山修司の詩「幸福が遠すぎたら」を紹介している。
 最後に、この詩に触れて、高田郁さんがこの短編集に託したモチーフを感じて「ああ、いい短編集を読ませてもらったなあ~」と改めて感じて、それぞれの短編作品の感動をひとつ一つ咀嚼させてもらった。

 では、寺山修司の詩「幸福が遠すぎたら」は、どんな詩かというと、作品の中で紹介しているのだが、唐の時代に詠まれた「勧酒」という詩の中の一句「人生足離別」に、「サヨナラだけが人生だ」との名訳つけたのは井伏鱒二。その言葉を受けて、寺山修司が作った詩がこれなのだ。

 

◇「幸福が遠すぎたら」 寺山修司

 さよならだけが 人生ならば
  また来る春は何だろう
  はるかなはるかな地の果てに
  咲いている野の百合何だろう

 さよならだけが 人生ならば
  めぐり会う日は何だろう
  やさしいやさしい夕焼と
  ふたりの愛は何だろう

 さよならだけが 人生ならば
  建てた我が家なんだろう
  さみしいさみしい平原に
  ともす灯りは何だろう

 さよならだけが 人生ならば
 人生なんか いりません

◇この短編集に収められている作品
 この短編集、お薦めなので、ちょっとだけその内容に触れて紹介する。

「お弁当ふたつ」
 主人公は専業主婦。夫が会社を2ヵ月前にリストラされていたことを知らなかった。
 毎朝、弁当を持ち、何事もないように出勤していく夫。会社を訪ねてリストラを知り、夫の後をつけてこっそりと電車乗り、夫の心情に触れる・・・。

 

「車窓家族」
 ある駅の手前で一時停車する通勤電車。その度に目にする沿線に建っている文化住宅
 その一室にはカーテンがなく、いたわり合いながらつつましく暮らす老夫婦の姿をいつも見ることが出来る。
 それを眺めながら、いつしか老夫婦の姿を気にかけている何人かの乗客・・・。 
 
「ムシヤシナイ」
 大阪環状線の駅ホーム。定年後に立ち食い蕎麦屋を営む男性。
 突然、疎遠になっていた息子の子供(孫)が5年ぶりに訪ねてきた。親から勉強を強いられ、逃げ出してきた少年と祖父の再生の物語・・・。
 タイトルの「ムシヤシナイ」って何だろうと思ったら、腹の虫をなだめるために、軽く食すること(虫養い)なのだ。

 

ふるさと銀河線
 北海道の道東の小さな街「陸別」を走行する過疎化が進むローカル線「ふるさと銀河線」。
 両親を不慮の事故で亡くした兄と妹。兄は地元で妹と暮らすために、ここの鉄道運転士として働く。中学3年生の妹は高校受験を控え、故郷に留まるか、自分の可能性を目指すか進路に思い悩む・・・。

 

「返信」
 妻と幼子を残して急死した亡き息子の面影を抱きながら暮らす老夫婦。
 15年前に陸別の旅先から送られて来たハガキを頼りに2人は陸別を訪れて、街並みは近代化されながらも「何もない陸別」の素晴らしさに触れて、亡き息子の心情を知る・・・。

 

「雨を聴く午後」
 バブル崩壊後、投資家から罵倒されながらも働き続ける証券マンの物語。
 大学時代に住んでいた線路沿いにある古アパートに偶然通りかかり、以前使っていた合い鍵を使ってみたら開いてしまう。懐かしいアパートの一室。誰が住んでいるのかも知らないまま、その部屋で癒やされる自分を発見・・・。

 

「あなたへの伝言」
 前作のアパートの一室に、慎ましい生活をしながらセキセイインコと暮らす女性。
 実はアルコール依存症を克服するために夫とは別居状態。
 克服し、夫と生活できるようにと懸命に弁当屋で働きながら、毎日洗濯してベランダに白いソックスを干す。車窓越しに夫がそれを見ていることを思って・・・。

 

「晩夏光」
 一人暮らしをしながら、庭いじりを愉しみに過ごしている女性。
 ある日、訪ねてきた息子は、母親の様子が以前より変わっている事に気付き、認知症を患い始めたことをしる。
 かつて、アルツハイマー病を患っていた姑の介護に苦労したことを思い出しながら、断片的に記憶をなくしていく自分を、姑に重ね合わせて・・・。

 

「幸福が遠すぎたら」
 以前に、ポストカプセル郵便としてつくば博で出した手紙が、16年後に届く。
 大学時代の同級生3人は、当時の想い出を抱きながら、嵐山駅で再会する。
 父親から四代目の家業を引き継いだが倒産寸前の女。希望通りに弁護士になったが癌を患う男。震災で身重だった妻と両親を亡くした男。それぞれが、それぞれの生き様を知る・・・。
 
 こんな内容の9つのエピソードは、誰の生活でも身近にあり得ること。
 著者の高田郁さんは「あとがき」で、
「生きにくい時代です。辛いこと哀しいことが多く、幸福が遠すぎて、明日に希望を見いだすことも難しいかもしれない。それでも、遠い遠い先にある幸福を信じていたい──そんな思いを、本編の登場人物たちに託しました。」と記している。

9月15日は那須岳散策へ

 木曜日はファーム町田店が休みなので、朝5時に我が家を車で出発して栃木県の那須方面へ。
 メンバーは、那須岳の主峰「茶臼岳・1915m」登頂を目指す計画者のシカタ君と、ロープウェイに乗って那須岳山頂駅・1684m」付近を散策のミキコちゃんとカンタ君(3歳)、トモコさん、ミドリさんと僕の合計6名。

 

◇「那須岳」散策
 8時半過ぎに、霧の中のロープウェイ山麓駅に到着。

    

 シカタ君は、ロープウェイに乗らず、そこから登山道を茶臼岳に向かって出発。
 残りの僕たち5人は、山麓駅からロープウェイに乗って・・・。

    

    

 霧の中をロープウエイが出発したのだが、中間地点から霧が切れて、何と晴天だった。

 約4分の乗車で山頂駅に到着。

 山頂駅からちょっと登った「那須岳」付近を、朝日岳を眺めながら散策。

    

    

    

 リンドウやヤマハハコや、丈の短いススキがとてもきれいだった。

    

    

    

    

 霧に包まれた山麓駅では考えられなかったほど、きれいな秋の空を満喫。

    

    

      

 ◇殺生石
 那須岳を下りて、那須湯本温泉近くの殺生石(せっしょうせき)に寄る。

    

 付近一帯に火山性ガスが噴出し、昔の人々が「生き物を殺す石」だと信じたことからその名が付いたといわれ、松尾芭蕉が『おくのほそ道』でこの地を訪れていることなどで知られる国指定名勝となっている。
 まるで先日TVでみた恐山の、岩が転がる「賽の河原」雰囲気。

    

    

    

    

    

 湯ノ花採取場や、盲蛇石や、千体地蔵のどがあり、その奥に「殺生石」があった。

    

    


那須温泉神社と九尾稲荷神社
 殺生石の近くに那須温泉神社がある。

    

    

 那須温泉神社は、商売繁昌、家内安全、病気平癒、身体健全、縁結びのご利益があるといわれ、平安時代末期の武将・那須与一(なすのよいち)が祈願したところから必勝祈願のご利益もあるとされている。

 本殿の横にある鳥居の奥に「九尾稲荷神社」があった。

    

    

    

 九尾の狐とは、古代中国から伝わる尾が九つに分かれた狐の妖怪。その狐が狛犬風に両側に鎮座。

    

    

 温泉神社にも、立派な狛犬があったし、「生きる」と名付けられたご神木もあった。

    

    

 

◇鹿の湯に入浴
 正倉院文書にも記されているという1380年の歴史を数える「鹿の湯」に寄って入浴。

 聖武天皇の御世時代。猟師が山狩の際に、射損じて逃げる鹿を追って山奥に入ると、鹿は傷ついた体を温泉で癒していたのでこの名が付いたとされる。

    

    

    

 500円の入浴料を払って中に入ると、

 41度、42度、43度、44度、46度、48度の6つの浴槽があった。
 46度までは何とかは入れたが、48度はムリだった。

    

 (この写真は入り口に展示してあった写真を接写)

 

 たっぷり1日満喫して、夕方6時半に我が家に帰宅。

今日の日曜日は「けんさん」発送作業

 昨夜は「中秋の名月」。まん丸い、きれいな、お月様を見ることができた。
 今朝の気温は、めっきり秋を感じる涼しさ。
 駐車場脇の花壇の秋桜も咲いている。

                

 この花を秋桜と書くか、「コスモス」と書くか、僕はいつも迷う。
 なぜ「秋桜」と書いて「コスモス」と読むようになったのか。
 それは、昭和52年に山口百恵が歌った秋桜という歌謡曲が大ヒット以降だという。

 確かに、僕たちの世代なら、あの、嫁ぐ娘が母を思う気持ちを歌った「秋桜」は、いつまでも心に残る歌だ。
 だから、今日も〝淡紅の秋桜が秋の日の・・・〟のメロディを思い浮かべて「秋桜」と表記してしまった。

                


◇会の機関誌「けんさん」9月号の発送作業
 今日は日曜日。
 「けんさん」の東北と関東の会員宅へ発送作業をしようと、案内所に10時に集まってくれたのは6名。僕も含めて7名で発送作業をする。
 まず、毎回確認している「発送作業のテーマ」を改めて確認して・・・。

                

 今号のメイン記事、8月に開催した1週間の合宿セミナー「特講」に参加した19歳の若者3人の感想をみんなで読んで、その感想を出し合って、作業を開始。

                

 途中、昼食休憩をとって2時少し過ぎに作業終了。
 明日一番で、郵便局に持ち込む予定。
 今週半ばには、会員宅に届くだろう。

9月10日のおしゃべり

 9月に入って、もう今日は10日。
 今夜は十五夜中秋の名月。昨夜の月を「宵待月(よいまちづき)」と言うことをTVで流れていたが、残念ながら見られなかった。
 今夜は満月を見られるだろうかと、空模様を気にしていた。

 

◇会の機関誌「けんさん」9月号が完成
 今日の午前中、会の機関誌「けんさん」が印刷から上がって届いた。

     

 今月号は、8月に埼玉県のヤマギシの村で開催された1週間の合宿セミナー「特講」の特集号だ。読み応えたっぷりの内容。

     

 早速、全国の各ブロック(北海道・中部・関西中四国・九州)に、会員宅に発送するためのタックシールや封筒と共に送った。
 ここからに発送する東北・関東ブロック分は明日、みんなが集まって発送作業をする。
 来週半ばには、全国の会員宅に届く予定だ。

 

◇今日の夕方の空
 昼間の陽射しは、まだまだ強いが風は秋を感じる。
 夕方、ファーム町田店の上の空には、こんな秋雲が・・・。

     

 

◇今年の「中秋の名月
 夜7時少し前、屋上に上がって「中秋の名月」を見る。

     

 ラッキー! 今年は見ることが出来た。
 我が家のロビーの展示コーナーには、立派なススキも飾られている。

     

 

◇今週の月曜日の「読売歌壇」の短歌
 夏のセミの鳴き声もめっきり少なくなった。
 選者の俵万智さんは、この歌を選んでいた。

     

 いい歌だなあ~と思う。